ゴミの価値を発見する

ゴミをめぐる様々な価値観

日本のゴミ事情はどんなもの

今現在、日本でゴミを捨てるとなると、市町村で違いはあるものの、分別が当たり前のようになっています。
またリサイクルといった言葉も一般的に浸透し、実践している人も多いことでしょう。
ゴミに関しては先進的と思われる日本ですが、ゴミ事情はどうなっているでしょうか。

リサイクル意識は非常に高く、リサイクル率は世界でもトップクラスとなっています。
ここは誇れるところなのですが、年間一人当たりのゴミの排出量、焼却量はともに先進国一位です。それに伴って、ダイオキシン排出量も先進国一です。
焼却に関しては国土が狭いという理由でゴミの埋め立てに限界があることも理由ですが、包装が過剰といった理由もあります。
リサイクルの浸透によってゴミの量は少しづつではありますが、減少はしていますが、驚いてしまいますね。

リサイクルの考え方

リサイクルは資源ゴミを回収し、再利用することを目的としています。
よく見かけるのが、ペットボトルのふたですね。
これは回収され、粉々に粉砕されたのち加工されてプラスチック製品に生まれ変わります。
ふた以外に容器も回収され、ゴミ袋やシートなどに再利用されます。

使わなくなった電化製品からも資源ゴミが回収されます。
分解すると金がとれます。
金以外にもレアメタルが回収できます。タングステンやプラチナなどが回収できます。

紙ゴミも資源ゴミです。
古紙を薬品などで溶かし、パルプにして再生紙として利用できるようにします。
「この製品は再生紙です。」と注意書きが書かれたものもよく見かけるようになりましたね。

家庭でよく出る生ごみは、堆肥として再利用されます。


シェア
TOPへ戻る